someone's diary

生活の記録。

七夕のふしぎ

7月7日の夜。

 

七夕といってパッと思い浮かぶのは、織姫と彦星の物語である。天の川を隔てて引き離された2人に許された、唯一の逢瀬。なんと、ロマンチックではないですか。

 

でも、少し調べてみると七夕は"織姫と彦星の日"なだけではないようだ。だって、七夕は祭事であり民間行事であり、古典なのだから。じゃあ、一体七夕の正体って、なんなんだ?

 

 

七夕とは🎋

七夕というのは、そもそも五節句の1つである。五節句は季節の変わり目であり、また穢れを払う日でもある。七夕と書いてShichisekiと読んだりもする。

 

そもそも七夕と書いてTanabataと読むのは、なかなかどうかしている。普通に当て字だ。この当て字の由来は、織物をする為の機械"棚機"であるとか、お盆のときに使う"棚幡"であるとか、色々ある。

 

そう、色々あるのだ。何故か。

 

中国で7月7日が五節句の一つ七夕として定められ、それらが織姫と彦星の物語や、願掛けの風習"乞巧奠"などを伴って日本に伝わったとされているけど…

 

今はともかく昔も昔。大体は口承か、木簡や書の写しだと思う。もしも七夕に正しい定義があったとして、そのまま綺麗に日本の隅々まで伝わるわけがない!伝わったところで、改良好きな日本人がそのままにするとも限らない。

 

そんな訳だから、ベースは同じでも、色んな七夕が存在する。ここら辺をしっかり調べていくと、とんでもない量になる。

 

 

旧暦の七夕

旧暦の七月七日はお盆の時期の直前であった(明治の改暦で月日が1ヶ月ずれたことによる)。したがって七夕は精霊信仰の思想と結びつき、盆行事の一環として認識された。これは、中国から見たら結構衝撃の事実だったのではないかな。

お盆で用いる精霊棚と、目印としての御旗(幡)より、棚幡。なるほど。

 

実際風習として残っているものにも、お盆に関連したものが多い。


行事としての七夕は、日本各地で変質しながら受け継がれていく。織姫彦星の物語以外にも、数多くの物語が存在する。

(例: 棚機津女の物語, 御伽草子-たなばた物語)

 

 

つまり、日本における七夕は出所を中国文化としながらも独自に変質、或いは混合された、非常に混沌とした行事である。


 

そして現在七夕行事として有名なものは

”織姫・彦星の物語”及び”短冊の星願い”である。

 

 

今、僕らの七夕は?

僕は七夕がなんなのか知りたかった訳だけど、数日かけて得られた結論は、七夕に明確な定義はつけられないということだった(ナンテコッタ)。

 

じゃあ、一体どうこの時代の七夕を捉えればいいのだろう。最早どのような経路を経て今の形に落ち着いたのか、正確には分からないというのに?

 

いや、そもそも七夕を理解するのに1番大切なのは、由緒を隈なく調べることなのかな?形成の過程を知ることは大事だろうけど、それで目の前にある七夕に対する素直な目線を忘れてしまうのは余りに惜しい気がする。

 

七夕は、僕らにとっては1つの素敵な夜のお祭り。それを彩るは天の恋人達の物語と、涼しげな地の風流。

 

その由来は、はっきりとは言えないものの、大陸で生まれた文化と、それらがこの島国で多様に変質し形を成した無数の祭事に求めることができる。

 

それに僕らの手で触れて、表現する機会を持てたのは、幸運なのかも知れない。

 

形があるようで輪郭が見えない。七夕のふしぎ。そのふしぎな1日を、今年は茶道部の皆と特別に過ごす。きっと終わったら、僕は七夕が楽しかったって思うんだろう。一体どんな星願いをしようか?

 

 

参考

七夕 七夕の起源 七夕の歴史 七夕の風習 諸説

七夕の歴史・由来|七夕特集2018|縁結び祈願 京都地主神社

そう言って彼が教授を絶句させたとして、僕等は無責任な友人同士だから

課題が終わらなかったので、友人の部屋に行って終わるまで頑張ることになった。

 

フーリエ級数展開を用いてのこぎりの形の波形を描くプログラムを作りなさい、という課題だった。

 

 

全く大した内容ではない(教科書の第1章に出て来るような内容である)のだけど、プログラムを書くのが半年ぶりくらいなので、かなり不安だった。これは、明日の朝出さなければいけない課題なのだ。

 

 

友達は経済学部の学生で、コイツはコイツでゼミ発表の準備が全然終わってなかった。

 

 

間違いなく効率は下がるだろうが、一緒にいた方が精神的に楽だ。

 

 

取り敢えず、教科書を読んで、級数展開の式を計算して、コードを書いてみた。

 

 

なんだ、結構覚えてるじゃないかと安堵したり、でも大学3年生にしては低レベルだなぁなどと落ち込んだりしながらなんとか書き終えて、コンパイルしたら通ってしまった。意外と早く終わるんじゃないか??

 

 

彼の方は、女性雇用と企業業績とかいう内容を調査するようで、色々資料を漁っているらしかった。興奮しているので聞いてみたら、文献を読むのが楽しいらしい。ハイになっていて、やたら良さを語るので何が素晴らしいのかを聞くと『なんか学術的で凄い』という小学2年生みたいな感想が返ってきた。

 

彼によると『社内保育園があると、女性が働きやすくなる』らしい。それは、当たり前だ。

 

 

さて、プログラムの方はいざ実行すると結果が全く出力されない。どうやら出力を命令するところで一部の順番が逆になっていたらしい。直してみたら結果は出るようになったのだけど、全部0で出てきた。ファック。

 

 

『永遠のゼロじゃん』

 

僕がエラーを起こすたびに彼はケタケタ笑っていた。プログラミングは基本的には途中から間違い探しゲームみたいになるから、発狂しそうになる。うおおお。

 

日付が変わった頃、やっとまともなプログラムが作れた。

 

結果的にアルゴリズム自体は合っていたのだけど、プログラミングの文法間違いが多過ぎて、全部直すのにたっぷり3時間はかかった。寧ろなぜ最初は問題なくコンパイルが済んだのか謎である。頑張った甲斐あってなかなか気持ちのいいグラフが書けた。

 

f:id:skoichi2413:20180614224416p:plain

▲気持ち良い!!!!

 

何のことはないつまらないグラフなのに、苦労したせいですごく素晴らしいものに思えてくる。

 

 

iPhoneを見たら、先輩から『金曜日の飲み会には誰を呼ぶか』というLINEがきておった。でも、僕は欲しかったグラフが書けたのが気持ち良すぎて、今の状況を少し打った後質問を無視してグラフの画像を送り、『気持ちよすぎてイキそうだよ』と送信した。

 

 

後で見たら『何で友達いる前でイケるんだよ』と返信が来ていたので、確かに…と思い、僕の方も友達の前でecstasyに達する自分を想像してみたが、面白すぎるのでやめた。

 

彼の方は文献探しが難航しているらしい。先行研究が少ないらしいのだ。そして、しばらくブツブツ言ったのち、こう口にしたのだった。

 

 

 

『…っていうか、これマクロ経済学じゃなくね?』

 

専門的内容は、僕には全然分からなかったけど要するに、ゼミメンバーはかなり見当違いな題材を選んでしまったということだった。経済学にはマクロ経済学ミクロ経済学の2種類があるらしく、彼のゼミはマクロ経済学のゼミだからだ。これは衝撃である。全然違う畑を耕していたのだ。

 

 

 

『結論も経営っぽい感じになるし、マクロじゃなくてミクロ的だし、これゼミ発表の題材として不適切だと思うんだよね…なんで教授はGoサイン出したんだろう…?』

 

分からないなりに彼の話を聞いていて思ったのだが、確かにどうしても個人規模の議論になっている感じがしたし(働きやすさとか、労働効率とかの話ばかりだった)、そもそも経済学の割に全く数式とか出てこない。なにより、理屈というかお話ばかりで、どうやって検証するかという点がふわふわしすぎている。ゼミってそんなもんなのか?

 

 

 

大学での友情とは、ぺらっぺらの薄いもので、それ故に必要であったりするのだけど、僕にとっては彼のゼミ発表など所詮他人事で、成功しようが失敗しようがどうでもいい。彼にとっても僕のグラフなどただのお絵かき同然だっただろう。大学でまともな友情を育めると思ってる人の気が知れぬ。そんなものは青春時代に作るものだ。

 

 

 

『いや、大丈夫だよ。そのテーマのままいこう。大は小を兼ねるんだから、マクロ経済は、要するにミクロ経済なんだよ。教授と、ゼミ生に向かってこう言ってやりな。

「先生、ご存知でしたか。ミクロ経済学は、マクロ経済学なんですよ。」

ついでに言えば、経済学部も経営学部も一文字しか違わないんだから、内容が経営っぽくても良いんだよ。経営学とは、経済学だったんだよ。』

 


僕は自分の課題が終わっていたので、適当なことを言って無責任な自由を楽しむことができるのだった。

 

 

 

そして彼は

『イイじゃん!そうか、マクロ経済は、ミクロ経済だったのか!』

 

と言いながら、パソコンを閉じ、寝る支度を始めた。明日の1限講義中に続きをやるらしい。僕は、朝起きる自信も気合いも足りていないので、彼にモーニングコールを頼んで自分の部屋へと戻った。僕は朝起きれないことになら自信がある。

 

 

今日の僕の成果: ジグザグのグラフを描いた

今日の友人の成果: 研究内容の意義を消滅させた

 

馬鹿なのかもしれない。

 

 

追記: 彼のモニコと無限アラームのおかげで何とか課題提出に間に合った。感謝。

黒い飛行物体と空腹

金曜日、5限が終わってサークルへ行こうと思ったのだけど、お腹が空いた。かなり限界の空腹。

 

お腹が空いていたり、徹夜して眠かったり、1から5限まで受けて疲れていたりと、体調面で少しでも問題があると元気が一気になくなってしまう。ちょっとかっこ悪い。声量は地に落ち、口数は激減し、真顔になる。最悪だ。

 

一回そんな状態で証明写真を撮ったら、犯罪者みたいになってしまったので撮り直したことがある。笑顔って大事だなと思う。

 

稽古には準備万端の状態で臨むのが礼儀というものだ。こんな状態で行くわけにはいかない。こんな闇落ちしたみたいな表情で行くわけにはいかないんだ。本当ならテンションもアゲアゲで行きたいところ。

 

ということで、サークルに行く前に何か食べようと思い、生協で焼きそばパンを買った。その日は昼食を食べれなかったので、本当はチキン南蛮の1つでも食べてやりたかったけど、流石に5限後で弁当を食べるのも勿体ないし、お金も無いので諦めた。

 

買った後で飲み物も欲しくなり、外の自販機で缶コーヒーを買った。

 

最近コーヒーとモンスターエナジーを毎日飲んでる気がする。中間試験期間はもうすぐ終わるけど、飲むのをやめられるかな。

 

外のベンチでそれを飲んでいたら、偶然友達と出くわした。彼と話しながらコーヒーを飲んでいたら、後ろでバッサバッサと音がする。直後、僕はカラスに焼きそばパンをさらわれた。

 

あまりにも大胆に持って行かれたのが衝撃的すぎて、しばらくあ行しか発声できなくなった。まだ袋から出してすらいないのに!

 

この大学に入学した頃先輩たちは、ここは森林公園だ、カラスばっかりいるところだ、などと言っていたけど、実害を受けたのは初めてだった。

 

しかし、ピンポイントで持って行くなんて、すっかり忘れていたけれどやはりカラスは頭がいいと思う。パンを持っていかれたのは悔しいけど、財布とかじゃなくてよかった。パンはまた買い直せばいい。

 

 

 

そう思ってまた生協に向かったら、営業時間が終わっていた。

 

 

かくして今日もまた、限界状態でサークルに行くことになった。無念。

 

 

本日の教訓は『外で食事すること勿れ』食堂のテラス席とかも、かなり危険なんじゃないかな。知らんけど。

 

 

追記: ぼけっとしすぎてお茶を飲むのを忘れた。何しに行ったのさ。

青春の1ページを覗いたら、ガングリオンが顔を出した

高校三年生のときの話。

 

 

クラスメイトの一人がある日こんなことを言い出した。

 

 

ガングリオンができた…』

 

 

 

 

 

ガングリオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガングリオンって何…?????

 

その場にいる全員が思った。はてなマークが教室に飽和した。

 

ガングリオンっていうのは…簡単に言えば腫瘍みたいなものだよ。コレ。』

 

皆で彼の腕(だった気がするが)を見ると確かにボゴォ!っと一部が盛り上がっている。コワイ。

 

でも、見た目に反してガングリオンは特に悪いものでもないらしかった。名前だけ大袈裟なやつだ。

 

ジョジョの奇妙な冒険の第3部に、腫瘍として寄生し、徐々に大きくなって人格を持ち始めるという気持ち悪いスタンドが登場したことがあったが、ガングリオンにもそれくらいのことはしてほしいと思った。

 

そんなことを言っていたら、ある日、僕の左足の膝関節の裏にガングリオンができていた。こりこりした小さめのやつだ。

 

あ、こんな簡単にできるものなのかと驚いた。若干心配になったが、悪いものでもないらしいし、特に痛くもない。除去するまでもないと思い放っておくことにした。

 

クラスメイトのガングリオンは、一体どうなったのだろう。彼のガングリオンは結構大きかった。体の一部として馴染んだのか、それとも消滅したのか。

 

 

結局どうしたのかはすっかり忘れてしまったが、ガングリオンという言葉だけはよく覚えている。

 


同窓会が開かれたら、取り敢えずガングリオンの話をしよう。

 

 

昨日、汗をかいて膝裏をかいたら、ガングリオンが無くなっていることに気がついた。自然に消えるなんて、不思議なものだなぁ。

料理の脇役たちの魅力に気づいたので、大人と言い張って良いだろうか

■お寿司のわさび

■鰻に付いてくる山椒

牛丼の紅ショウガ

■唐揚げ弁当に添えてあるたくあん

■シャーベットに乗っているセルフィーユ

 

しばらく前まで、なんでこんなもの付けてるんだろうと心底不思議だった。

 

ワサビはなんか大人がもはや無いとお話にならないみたいな感じで美味い美味い言っているので、子供の頃から意味がわからなかった。試しに食べてみたら泣きたくなるほどツーンとした刺激。これじゃあ魚の味が分からないじゃないか。

 

大人はお寿司のネタではなくて、ワサビ目的で来てるのか??そしてやたらワサビワサビと勧めてくるのは何なんだ。お店も、何も設定しないで頼むと基本的にワサビありで出してくる。どうもワサビを付けない方がマイナーらしい。

 

山椒も同じだ。鰻はそのままでも十分すぎるほど美味しいのに、何でわざわざツーンとした刺激を加える必要があるのか。

 

牛丼の紅ショウガなんて、牛丼の味をぶち壊してるとしか思えなかった。山盛り乗せてる人なんて頭がおかしいのだと思った。

 

弁当に付いてくるたくあんは、もう完全に単なるおまけレベルだと思っていた。無視して良いレベル。

 

シャーベットのセルフィーユに関しては、飾りである。これは食べ物ではないのだ。そう思っていた。

 

 

 

最近、味の濃いものとか、胃に重いものを食べるときに、少し食べ切るのが辛くなってきた。まだ21歳で若いくせに何言ってんだと思うのだけど、実際そうなのだから仕方ない。

 

たが、気付く。その役割に。

 

彼等は味に絶大なるアクセントを加えてくれる。

 

ワサビの刺激は満腹感を緩和してくれるので、最後まで苦しくならずに食事を楽しむことができる。

 

山椒は、美味しくも単調な鰻の味に変化をつけてくれるので、途中で飽きることなく食べきれる。

 

紅ショウガも同様だ。あの酸っぱさが口の中を爽やかにしてくれて、また新しい気持ちで次の一口へ進める。

 

たくあんは、揚げ物の重みをすっきりとリセットしてくれるし、食感のアクセントもくれる。

 

セルフィーユは、甘さのなかに爽やかさを与えてくれる。

 

今までは、変化などつけなくとも、最後まで一気に食べ切れたので、彼等の必要性が全く分からなかった。

 

これが大人になるということなのか。大人になるとは、成長するということに加えて老いるという意味もあることは、子供の僕にはさっぱり思いつきもしないことだった。大人はいつだって子供の到達点だと思っていた。

 

"分かる"ようになるのは楽しいし、少しずつ熟していく感じは嫌いじゃない。

 

いつか子供ができたら、僕もきっと自分が子供だったときのことを忘れて子供にワサビを勧めるかもしれない。そして不思議そうな顔をされる。

男子校出身のアイデンティティ

男子校。それは素晴らしき男達の楽園である。

 

 

いきなり変態チックになってしまった。

 

 

僕は男子校出身だ。望んで男子校に入った。男子校にあらずんば高校にあらずとか言って受験をした人間である。

 

 

中学時代の僕がそんな事を思っていたのは筋金入りの奥手加減から来る友情原理主義が原因だったように記憶している。何しろ僕は中学3年間、基本的には数えるほどしか女子と話したことがなかったのである。その数回すら、まともな会話をした覚えがない。

 

 

そんなわけで、"男子校"という言葉は中学生だった僕の心を捕らえて離さなかった。

 

 

なんという事だ。そこに行けば、今より倍の同性と同級生になれるし、女の子に緊張する必要もないんだ。しかもユートピアは自宅から自転車で10分の位置にあった。

 

 

ということで、死に物狂いで勉強してなんとか合格した。そこは県内各地の首席や次席が集うようななかなかの進学校だったのである。

 

 

頭のいい人はやはりどこか狂っている。あまり"the 優等生"みたいな人は居なかった。学年で上位を占めるのは漏れなく変態か天才、若しくは変態な天才だった。

 

 

どこか飛んでしまってる様な奇人変人がいくらでもいた。そしてそれを受け入れて余りある、自由でストイックな校風が、学生生活をどれだけ彩りのあるものにしていたか。全力で挑むことを是とする文化がどれだけ心地良かったことか。学園祭の熱狂は、52キロマラソンの翌日の激痛は、応援団の演舞に響き渡る全校生徒の合唱は、どれだけ僕が普通の大学生になってしまっても、脳裏に蘇る。

 

 

あの3年間以上に楽しい人間関係を築けることはこの先無いだろうという直感があったし、現在のところその通りになっている。僕は彼らとは一生友人でいたい。

 

 

男子校出身者は押し並べて自分が男子校出身であることを強調する節があるが、僕も例に漏れていない。

 

 

そこにアイデンティティを求めてしまうのは今の僕にそれ以上のアイデンティティが無いからだろうか?

 

 

それでも僕は、あの3年間を愛しているし、共に過ごした友達のことを3年経っても大切に思っている。それは事実なのである。

気づくと本をポチってしまう

amazon。僕はamazonをまぁまぁ使っている。

 

このamazonさんは、僕の検索履歴や購入履歴から僕の好みを予測して、オススメをしてきてくれる。しかし、僕は基本的にamazonでは本を買う人なのだが、このオススメ機能が本当に危険だ。本を爆買いしてしまうのである。昨日も気づいたら7冊買っていた。

 

 

僕は小学6年生くらいの頃からamazonでの買い物を始めているので、僕の趣味嗜好みたいなものはamazonに完全に把握されている。実際、amazonがオススメしてくる本は基本的に全部読みたくなるのである。

 

 

夜中にぽちぽちとスマホを開く。ふっとamazonで気になるワードを検索。30分後にはカートが一杯になっている。

 

 

最近は、本はもっと欲しいのだけれど、そろそろ考えて選択をしていかないといけない時期になってきたかなと思っている。

 

まず、基本的に出版されてから少なくとも10年以上は経っているような、時の洗礼に耐えた本以外は買わない。

 

また、比較的新しい新書などに関してはKindle prime readingで読むか、読まない。

 

小説に関しては一度Kindleで買って作風を確かめて、その作家が気に入れば本を買って手元に置き、何度も読み返す。

 

僕は速読ができないし、理解する速度も速いわけではないじっくり亀さんタイプなので、読書に割ける時間は限られている。そんな有限の資源を大切に使うために、本を選ぶ目だけは磨いていけたら良いなと思っている。

 

因みに、今読んでいるのはサイモン・シンの"フェルマーの最終定理" である。今のところ、これまで読んできた本の中でもベスト3に入りそうなくらい面白い。いや、もしかしたら1位かも知れない。

f:id:skoichi2413:20180526023257j:image

アホな感想だけど、読んでいると、人間って素晴らしい…!という気持ちになる。これは数学における天才達の挑戦の記録であり、フェルマーの最終定理を通して全世界の数学者が通時的・共時的に繋がっていく壮大なドラマであり、人間讃歌なのである。

 

 

この本もamazonにオススメされた本である。なんだかツボを押さえすぎていて若干こわい。

 

 

取り敢えず、夏休みの目標は、良い本を100冊読むこと、である!ますます肌が白くなりそうだ。

 

 

良い本を読んでいるときは僕は経験したことのない刺激が快感で仕方ないし、周りのことも忘れてしまうし、他のどんなことよりも気持ちいい。

 

今日もなんだかんだ言ってまたこんな時間まで起きてしまった。今は午前3時。

 

 

日記を書くのと本を読むのを控えたら、こんな遅くまで起きているようなことも無くなるかもしれない。