someone's diary

生活の記録。

「私」を知ろうとする試みに意義はあるのか

僕なりの"自我"に対する考え方を書きまとめたので記録しておく。また、これから自我については書物を漁ってみようと思うけど、取り敢えずそういうものを読まずに、今の考え方を少し残しておこうと思った。 自分を知ろうとする試み 人格形成に大きな影響を与…

炊飯器に激怒しそうになったとき、懐かしい記憶を掘り起こした

先日、バイトの炊飯器が激熱になっているのに気づかず触ってしまい、軽い火傷をしてしまった。不覚、と思ったが次の瞬間には僕は炊飯器に腹を立てていた。なんでお前そんな熱々なんだ。 ん?と思った。 僕は今、物に怒っている。 僕にはそんな記憶がある。昔…

記憶を無くして気持ち良くなりたい

僕の友人はよく、お酒を飲んで記憶を失っている。そういうときは本当に何も覚えていないらしい。後で自分の写真とか動画とかを見て、ケタケタ笑っている。朝気づくと土足のまま自宅のソファに寝てたこともあるらしい。ニコニコしながら話していた。一体何が…

スピッツのチェリーで"僕"はどこへ行くのか

桜は散ってしまった。もう木々は青く色を変えているし、この季節を感じられるのはあとどれくらいだろう。4月の間くらいはきっと春の匂いも残ってくれる。 四季の中で最も春が好きである。それは僕が生まれた月が3月末なのが関係しているのかもしれないし、ぽ…

体感時間に対する1つの考察

バイト先の仕事で『大根おろしを作りまくる』というものがある。 先日、相方が『俺はこの作業が世界で1番嫌いだ』と言っていたので、大根おろしがワーストを取る人生って何なのかと思いながらも交代することになった。 確かに面倒くさい。やってもやっても全…

茶道のコントをした思い出について

2年前の夏合宿。茶道の合宿では毎年1年生が宴会の時に30分ほどの出し物をする。 僕はそのときは他の1年生と混ざらないで、勝手に編入生の先輩達と4人組を組んでコントをした。 これが結構ウケた。その後僕の手を離れて独り歩きし始めたのだけど、僕が関わっ…

言葉遊びでムードをぶち壊しにする

よく話の中の一言や一文に、矛盾や違和感を忍ばせる遊びをすることがある。 凡そロマンチックさとは程遠いことを言うから、結果的にムードをぶち壊しにしてしまうこともよくあるのだけど、やってしまう。自戒の意味を込めて(込もるかは知らんが)少し書いてお…

無理矢理花粉症にされた

バイト先までは徒歩で通っているのだけど、横浜の住宅地の植え込みにはやたらちゃんとした木が植えてあって、僕はそこの側を歩いていた。 僕は花粉症ではなかった。最近少し目が痒かったり、くしゃみが増えたりしていたが、それらは花粉症と呼べる代物ではな…

ある日の居酒屋の一幕

‪昨日、先輩と駅の近くの居酒屋で飲んでいたら、後ろの席に大学生の5人組が入ってきた。‬ ‪例によってなんだかワイワイやっており、やたらジントニックを頼みがちで、とても楽しそうである。‬ ‪横国生だなと思って、春だと浮かれがちな大学生を斜めに見つつ…

映画メモ❶

去年の12月から今年の3月迄の間に、19本の映画を見た。面白かったものだけピックアップして少しメモしておこうと思う。 これは映画論評ではないし、素晴らしい映画を観て僕が生まれ変わっちゃったからそれを書いておこう!って訳でもない。何にでも教訓を求…

誕生日は何故記念日なのか…?

昨日で21歳になった。 色んな人からメッセージを貰って嬉しかったです。ケーキを4ピースも食べた誕生日は初めてでした。熊谷さん達、ありがとう。 ふと、"誕生日を祝う理由"が気になってしまった。僕もこれから人の誕生日を祝いたいと思うから、改めてどうし…

Go!プリンセスプリキュア

プリキュアが好きである。 もっと言うと 『Go!プリンセスプリキュア』が好きである。 わざわざ日記にすることもないのだが、今回帰省して録画を見直したところ、あまりの素晴らしさに涙腺崩壊、心にみるみる水が張られていくのを感じました。ということで、…

風の歌を聴け

3月の17日から22日まで実家に帰省していた。本を2冊とウォークマンをキャリーバックに詰めて電車に乗り込んだ。前回の帰省から学んだことは、着替えはそんなに必要ないということだった。実際、要らなかった。実家に何枚かあるしね。 17日(土) 帰ると、僕の…

大学におけるサークルの位置付け

そろそろ学年も変わるので、もしかしたらもう、後輩も次の執行代でどんな役職に誰がつくのか、少しずつ考え始めることがあるかもしれない。 僕としては、まだそういうことには縛られないで楽しんでほしいと思っている。9月くらいから考え始めればいいんじゃ…

下着の適切な枚数について

一人暮らしをしているとしょっちゅう起こるのが 『パンツ枯渇問題』だ。 あまりにもパンツがなくなってしまうので、今は買い足して8枚持っている。 これだけあれば万全。1日1枚使ってもお釣りがくる、と思ったのだが、それでもなくなってしまう。シャワーを…

半年でバンドマンみたいになった話

僕は1年生の夏くらいからずっと、マッシュベースのバンドマンみたいな髪型になりたいなぁ〜とか言っていた。 具体的にいうとUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介みたいな髪型に憧れておった。 でも僕の注文の仕方が下手なのか、日和ってこんな感じにしたいという…

推敲

過去を追体験してそこに意味を見出そうとするのは人間の習性かもしれない。 それは、例えば答え合わせができる場合には有益な行為かもしれないけど、それが出来ない問題の場合は、過度に過去を振り返るべきではないのだろう。答えなんかないのだから。 何も…

軍資金

僕は1年生の10月から2年生の8月まで、浦和のレストランで働いていた。9月からは横浜に住み始めて、バイトはしばらくしないでいた。 秋学期も終わり、単位の回収と、新しい環境への適応がひと段落したので、また働き始めることにした。 これからは行きたいと…

無題

感謝とは何だろうか。 僕は、感謝とは実態としての授受関係を超えた、精神的な共鳴であると思う。 分かり易く言えば、何かを施されたとき、その相手の苦労や、心遣いに思慮を巡らせ、自分に向けられた相手の気持ちを理解することと換言できる。 だから、その…

備忘録

恋愛相談の相手というのは、慎重に選ばねばならない。 まず、同じコミュニティの人。これは基本的に全くあてにならぬと言って良い。彼等は例え善人であるとしても、同じ集団に属するが故に客観性に著しく欠く。寧ろ話さない方が良いとも言える。話しても何も…

喫茶去

出先でこんな言葉を教わった。 喫茶去 有名な言葉だから、ここでその解釈には下手に手を付けないでおく。 僕は、お茶を飲むときも、自分が抱えている悩みについて考えてしまって、目の前のお茶に神経が向かわないときがある。少し話はずれるけど、ひどいとき…

何気ない毎日から

僕の生活習慣は、悪い例のお手本のようなものである。 前回の期末試験では、試験を1つ寝坊して受けられなかった(悲しいことに、よりによって全出席した講義だった)。この恐怖心から、その後の2週間を、完全に昼夜逆転させて過ごすという馬鹿丸出しの方法に…

サプライズ

僕の基本姿勢は、 指示は具体的に。みんなが安心して乗れる計画を。言うだけではなく自分でもやってみせる。 あとは各々ご自由に。 である。 最終的に目的地に辿り着けさえすれば、過程はあまり拘らない。可逆的に対処可能なミスなら、全く咎めたりしない。…

タイトル

誰かの日記も何も、お前の日記だろと思うが、このタイトルで日記を始めようと思う。 日記といっても毎日かかさず書き連ねるつもりではなく、何か楽しかったことや面白かったこと、そして覚えておきたいと思ったことがあったときに、ここに書いておきたいと思…