someone's diary

生活の記録。

日記をはじめる

誰かの日記も何も、お前の日記だろと思うが、このタイトルで日記を始めようと思う。

 

日記といっても毎日かかさず書き連ねるつもりではなく、何か楽しかったことや面白かったこと、そして覚えておきたいと思ったことがあったときに、ここに書いておきたいと思う。主に、自分のために。

 

実に人生において、良いことと悪いことは同じくらいの割合で起きているはずだ。悪いことは頑固ものなので心配しなくても忘れることはない。一方良いことはそれ自体フワフワした性質のものだから、油断するとすぐ記憶から消えてしまう。

 

 

それを忘れないための日記。