someone's diary

生活の記録。

下着の適切な枚数について

一人暮らしをしているとしょっちゅう起こるのが

パンツ枯渇問題』だ。

あまりにもパンツがなくなってしまうので、今は買い足して8枚持っている。

これだけあれば万全。1日1枚使ってもお釣りがくる、と思ったのだが、それでもなくなってしまう。シャワーを浴びようとして、ハッとする。

先輩に話してみたら、

俺もよくあるよ』と言っていた。

だから俺はリバーシブルにして使ってるよ』とも言っていた。

 

間違いない。この辺りには下着泥棒がいる。そしてこの先輩は変態である。ここは変態が巣食う町だったのか。

 

ちなみに、このリバーシブルには更に上の段階があり、フロント・バックで使いまわすことにより、最大4日間の着用が可能だそうだ。

 


理性的に考えて、はて、一体どうすればいいのか。

洗濯というのは、毎日行うものではない。夏はどうか知らんけど、冬は水が勿体無いのでしばらく溜めてから一気にやる。最近は寝て起きて汗をかいていたりすると、そこでまた新しいものを使うから、倍の速さで無くなる。

 

あとどれくらい増やせばいいのか。今のままだと、4日洗濯をサボるとパンツが枯渇する。

 

4日も5日も誤差の範囲内だから、大胆に考えたとして、流石に1週間洗濯をサボることはない。パンツ以外の服も全部なくなってしまうからだ。

 

どれだけ忙しくても1週間に1回は洗濯をする。なるほど、そうすると8枚では足りない。14枚くらい必要なのか。

 

 

 

多くない…?