someone's diary

生活の記録。

月曜日の朝の落差と絶叫

朝目が覚める。9:12。机を見ると昨日飲んだ酒の缶、床には脱ぎ散らかされた服、散らばるプリント。

 

部屋が汚い。週始めから悪いスタートを切ってしまったよ。洗濯物も溜まっている。

 

外は雨が降っている。ジメジメとしているから、除湿機を付けた。

 

今日は月曜日なのでいつもよりゆっくりできる。どうして過ごそうか考えよう。

 

取り敢えず軽く部屋を片付ける。シャワーを浴びたあとゆっくり朝ごはんでも食べて、人がメインストリートを歩いていない時間くらいに大学図書館に行こう。

 

 

もう少し早く起きれば、大学に行って、経済棟あたりに忍び込んで人が増える8:40くらいまで読書することもできたな。でも、天気も悪いしゆっくり行った方がいいか。

 

 

よし、コーヒーを入れて、トーストとスクランブルエッグを食べよう。そうだ、トマトとレタスもあったから、サンドイッチにしても美味しそうだ。良い朝ごはんだ。良い朝の雰囲気。気分は星新一のN氏、はたまた村上春樹の主人公。

 

 

そうして、浴室の扉を開けて僕の目に飛び込んできたのは『High Tension!!』と絶叫しながら鈴を鳴らしまくる人のイラストが書かれたTシャツを着た僕だった。そういえば昨日はこれを着て寝た気がする。しかも前後ろ逆だった。

 

このTシャツはTwitterで有名なクリエイターの人が作ったTシャツで、表側には『Show Kino Saturday Night』の文字を背景に踊り狂うネコが描かれている。ツボに入ったので買ったのだけど、今は寝巻きになっている。

 

寝癖もやばい。サイボーグ009みたいな頭になってる。風もないのにたなびいちゃっている。頭頂部の髪は重力など知らぬというように全て上を向いている。毛根が、毛根が強すぎる。

 

 

優雅な朝の気分だったのに、客観的に見ればカケラも優雅では無かった。

 

 

このTシャツは好きなのだが、たまにこういう気分にさせられる。飲み会の次の日の朝、怠くて仕方ないときに鏡に写るは『正気のサタデーナイト!』服を脱いだら『ハイテンション!』

 

 

やかましい。僕は正気で今日は月曜日でローテンションだ。

 

 

すぐ着替えて、結局水だけ飲んで大学に行った。かなしい。雨よ止みたまえ。