someone's diary

生活の記録。

七夕のふしぎ

7月7日の夜。

 

七夕といってパッと思い浮かぶのは、織姫と彦星の物語である。天の川を隔てて引き離された2人に許された、唯一の逢瀬。なんと、ロマンチックではないですか。

 

でも、少し調べてみると七夕は"織姫と彦星の日"なだけではないようだ。だって、七夕は祭事であり民間行事であり、古典なのだから。じゃあ、一体七夕の正体って、なんなんだ?

 

 

七夕とは🎋

七夕というのは、そもそも五節句の1つである。五節句は季節の変わり目であり、また穢れを払う日でもある。七夕と書いてShichisekiと読んだりもする。

 

そもそも七夕と書いてTanabataと読むのは、なかなかどうかしている。普通に当て字だ。この当て字の由来は、織物をする為の機械"棚機"であるとか、お盆のときに使う"棚幡"であるとか、色々ある。

 

そう、色々あるのだ。何故か。

 

中国で7月7日が五節句の一つ七夕として定められ、それらが織姫と彦星の物語や、願掛けの風習"乞巧奠"などを伴って日本に伝わったとされているけど…

 

今はともかく昔も昔。大体は口承か、木簡や書の写しだと思う。もしも七夕に正しい定義があったとして、そのまま綺麗に日本の隅々まで伝わるわけがない!伝わったところで、改良好きな日本人がそのままにするとも限らない。

 

そんな訳だから、ベースは同じでも、色んな七夕が存在する。ここら辺をしっかり調べていくと、とんでもない量になる。

 

 

旧暦の七夕

旧暦の七月七日はお盆の時期の直前であった(明治の改暦で月日が1ヶ月ずれたことによる)。したがって七夕は精霊信仰の思想と結びつき、盆行事の一環として認識された。これは、中国から見たら結構衝撃の事実だったのではないかな。

お盆で用いる精霊棚と、目印としての御旗(幡)より、棚幡。なるほど。

 

実際風習として残っているものにも、お盆に関連したものが多い。


行事としての七夕は、日本各地で変質しながら受け継がれていく。織姫彦星の物語以外にも、数多くの物語が存在する。

(例: 棚機津女の物語, 御伽草子-たなばた物語)

 

 

つまり、日本における七夕は出所を中国文化としながらも独自に変質、或いは混合された、非常に混沌とした行事である。


 

そして現在七夕行事として有名なものは

”織姫・彦星の物語”及び”短冊の星願い”である。

 

 

今、僕らの七夕は?

僕は七夕がなんなのか知りたかった訳だけど、数日かけて得られた結論は、七夕に明確な定義はつけられないということだった(ナンテコッタ)。

 

じゃあ、一体どうこの時代の七夕を捉えればいいのだろう。最早どのような経路を経て今の形に落ち着いたのか、正確には分からないというのに?

 

いや、そもそも七夕を理解するのに1番大切なのは、由緒を隈なく調べることなのかな?形成の過程を知ることは大事だろうけど、それで目の前にある七夕に対する素直な目線を忘れてしまうのは余りに惜しい気がする。

 

七夕は、僕らにとっては1つの素敵な夜のお祭り。それを彩るは天の恋人達の物語と、涼しげな地の風流。

 

その由来は、はっきりとは言えないものの、大陸で生まれた文化と、それらがこの島国で多様に変質し形を成した無数の祭事に求めることができる。

 

それに僕らの手で触れて、表現する機会を持てたのは、幸運なのかも知れない。

 

形があるようで輪郭が見えない。七夕のふしぎ。そのふしぎな1日を、今年は茶道部の皆と特別に過ごす。きっと終わったら、僕は七夕が楽しかったって思うんだろう。一体どんな星願いをしようか?

 

 

参考

七夕 七夕の起源 七夕の歴史 七夕の風習 諸説

七夕の歴史・由来|七夕特集2018|縁結び祈願 京都地主神社